生活を彩ってくれる運勢占いは今いろんな場所でできる

自分で調べる

うつ病の専門医にかかるまえに、セルフチェックを試してみては。

現代ではインターネットの普及もあり、簡易的ではありますがうつ病のセルフチェックができるようになりました。歴史的にみると、古代ギリシャでは胆汁が黒い人がうつ病になるという考えがありました。近年になり、脳内のセロトニンが不足することで起きる「モノアミン仮説」が唱え始められ、セロトニン再取込阻害剤などの抗うつ薬による治療が行われるようになりました。そうした変遷の末、最近では光トポグラフィーによって脳の活動域を調べることで、より正確な診断ができるようになってきてます。どちらにせよ、専門医の診断が必要になってきます。自分自身や家族の様子がおかしかったら、まずはインターネットでセルフチェックをしてみてはいかがでしょうか。

研究と制度の拡充によって患者本人に合った治療を。

うつ病のチェックは今後どのようになっていくのでしょうか。今までの問診中心の診断方法に加え、光トポグラフィー検査も多くのクリニックで採用されていくようになるでしょう。また、血液中の化学物質を検査することによってうつ病のチェックをすることができるようになるという研究も進められています。また発見や治療が難しいと言われる現代うつ病なども今後の研究によって解明されていくかもしれません。また、欧米ではメジャーな治療法である認知行動療法は、日本では現在のところ保険適用の事例がほとんどありません。国の対応を期待したいところです。うつ病患者は年々増え続けているといわれています。今後、研究や制度の充実が進み、患者と医師が相談しながら、その人に合った治療を行っていくようになっていくと予測されます。